治療方法・特徴 皮膚も引き締める、公認ドクター | 脂肪吸引から進化したレーザースタイリングなら加藤クリニック麻布

脂肪吸引から進化したレーザースタイリングは最先端ボディデザイン痩身治療

LASER styling web Powered by 加藤クリニック | 麻布

当院のレーザースタイリングはフジテレビ「ザ・ベストハウス123」で紹介されました!

  • ホーム
  • サイトマップ
  • Q&A
  • クリニック紹介

来院のご予約

メールでご相談

  • レーザースタイリングとは?
  • 症例写真
  • 使用機器のご紹介
  • こんな場面のお悩み解消
  • よくあるご質問
  • 料金一覧

レーザースタイリングとは? About LaserStyling レーザーにより余分な脂肪を確実に溶かす部分痩身。脂肪吸引より大幅に進化した美しいボディデザイン治療のご紹介。

特徴3 - 皮膚も引き締め、たるみ防止

皮膚も引き締める痩身効果

レーザーによる皮下脂肪を溶かす作用と同時に、皮下脂肪層の上にある真皮層(皮膚の一番深層)がレーザー熱により刺激され、線維芽細胞が活性化することで、コラーゲンが再構築される作用により、たるみを帯びていた皮膚の引き締め効果も発揮されます。

この皮膚の引き締め効果は、脂肪吸引やベイザーといった他の脂肪除去治療では得ることのできない、レーザースタイリングのメリットといえるでしょう。

機器メーカーによる治療3ヶ月後のデータでは約23%の皮膚収縮が認められ、脂肪吸引との比較では、57%も高いことが証明されました。

そのため、単に脂肪を除去するだけではなく、皮膚が引き締まったスマートな仕上がりになるのです。

右の写真は、当院治療による下腹部の帝王切開跡の経過拡大です。
脂肪の減少と共に、皮膚が引き締まり、細かなシワも消えてきています。


脂肪除去+皮膚の引き締め効果経過写真



4ヶ月後よりも1年後の方が皮膚が引き締まり
フェイスラインとあご下全体が
はっきりスッキリとしています。



あご下とフェイスラインがスッキリしました。
1ヶ月後よりも6ヶ月後の方が
皮膚が引き締まりピンっとしています。




3ヶ月後よりもさらに皮膚が引き締まって

7ヶ月後には肌ツヤも良く
緩みのない綺麗な細腕になりました。





充分に皮膚が引き締まった6ヶ月後では

1ヶ月後に比べて
さらに細く綺麗な二の腕になっています。





丸みのあった二の腕が細くなりました。

3ヶ月後には皮膚が引き締まってきて
1ヶ月後よりもシャープに細くなっています。





たるみを帯びていた二の腕が直線的な細腕になりました。
3ヶ月後ではさらに綺麗なラインになってきています。




下腹部と腰の経過写真です。

1ヶ月で余分な皮下脂肪がなくなっていますが
5ヶ月後では皮膚も引き締まってきて
さらに細く綺麗なボディラインになりました。




お腹と背中の症例写真です。

皮膚の引き締め効果で
下腹の横ジワと背中のダブつきも綺麗になっています。




上下お腹と腰の症例写真です。

1ヶ月後と3ヶ月後を比べまして
特に腰部のゴワゴワ感が
皮膚の引き締め効果で綺麗になっています。




皮下脂肪によりダブついていた背中も

経過と共に皮膚も引き締まったことで
フラットで美しい後姿になりました。




背中のブラファットが2段になってしまい

1ヶ月後では凹みのシワが微かに残っていましたが
皮膚の引き締め効果で
3ヶ月後にはほとんど目立たなくなりました。




太もも内側のみ治療を行っています。

1ヶ月経過でつけ根の盛り上がりはなくなっていますが
3ヶ月経過でさらに皮膚も引き締まってきて
内側全体が綺麗に細くなっています。




太もも内側と外側の治療を行いました。

1ヶ月後と比べて3ヶ月後ではさらに細くなっていますが
特に内側ラインの皮膚が引き締まり
綺麗な仕上がりになっているのがわかります。




太もも全体の皮下脂肪を大量に除去しました。

1ヶ月後では浮腫みもありダブつき感もありましたが
6ヶ月後には皮膚もしっかりと引き締まって
綺麗なラインの細脚になりました。



内側の盛り上がり外側の張り出しがスッキリとしました。

ジワジワと皮膚も引き締まったことで
6ヶ月後にはシャープで直線的な細脚になりました。



治療前は存在感の強かったふくらはぎも

皮下脂肪の減少と徐々に皮膚が引き締まる効果で
丸みのないシャープな仕上がりになりました。









 

レーザースタイリング公認ドクター

加藤総院長は米国において、
公式のレーザースタイリング研修を修了。
確かな技術と知識が認められた、
レーザースタイリング公認ドクターです。

2008年、日本では2番目に導入。
アジアでは最多の症例数を誇ります。